ページトップへ
097-574-7117
アクセス
メニュー

2021年度会員数 10,083名
(2021年12月末現在)

2021年度会員数 10,083名(2021年12月末現在)

新型コロナウイルス関連情報

看護職の皆様へ

会員の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症がまん延する中で、感染防止対策にご尽力されていますことに敬意を表し、感謝申し上げます。

第5波は大分県でも医療提供体制のひっ迫、看護職の疲弊が重要な課題でした。看護協会では、継続して宿泊療養施設への看護職員派遣調整、コロナワクチン接種のための看護職員の派遣など、県の対策にでき得る限りの協力体制をとりました。

また、各種団体等から頂きました寄付金で感染対策用物資を購入し、会員施設に配布いたしました。ご厚意に深く感謝し、この場を借りてお礼申し上げます。

大分県はデルタ株による感染が一段落して、新規感染者ゼロが37日間連続していましたが、1月3日にオミクロン株が確認され、今後の急拡大が懸念されています。

3回目のワクチン接種が開始されていますが、第6波に備え自治体、医療機関等で検討された対策に、看護協会も協力する所存です。
一日も早い感染症の収束にむけて、引き続き皆様からのご支援、ご協力をお願いいたします。

令和4年1月8日
大分県看護協会長 大戸朋子

新型コロナウイルス感染症軽症者等の宿泊療養について

大分県看護協会は県から委託を受け、宿泊療養施設での業務に従事する看護師の派遣調整及び感染管理に関する研修を行っています。
宿泊療養施設は主に各施設からの派遣及び協会雇用(パート)の看護師によって運営されています。

看護師派遣協力施設の状況  2021年9月1日現在  32施設

第5波の振り返り
7月中旬以降、県内でもデルタ株の割合が7割を超え、確実に置き換わりが進み、新規感染者が急増。8月17日に100人を超え、8月21日の新規感染者数は過去最高の215人を記録し、9月2日まで連続で新規感染者数は100人を超えました。その後、徐々に感染状況は改善し、9月22日以降ステージ2の状況です。

感染の急拡大で各施設には無理なシフト調整をお願いしましたが、快く、看護職の派遣にご協力をいただいたことに心よりお礼を申し上げます。お陰様で第5波を乗り越えることができました。

感染状況の詳細はコチラ⇒大分県庁ホームページ「新型コロナに関するお知らせ」へ
宿泊療養施設の詳細はコチラ⇒大分県庁ホームページ「新型コロナウイルス感染症に係る宿泊療養施設について」へ

県内看護職の総力を結集して「コロナ禍」を乗り越えよう!

クラスター発生施設支援!感染管理認定看護師、看護師等派遣事業スタート!

新型コロナウイルス感染症における患者クラスターが発生した医療機関等において医療提供体制の維持等を図るために派遣される看護師等の確保配置に係る業務を県から受託しました。
本事業を効果的に推進するためには、各施設からの看護師の登録が必須です。
9月1日現在の登録状況は表のとおりです。
ご協力ありがとうございました。引き続き、登録にご協力をお願いします!

登録状況

2021年9月1日現在

施設数 看護管理者 感染管理認定看護師 実務経験5年以上の看護師
18 20人 17人 23人
派遣実績

県知事からの要請に基づき、クラスター発生施設支援に早速、派遣しました。
感染管理認定看護師
4月20日(大分市 医療機関へ)1人派遣
5月10日(大分市 医療機関へ)1人派遣
実務経験5年以上の看護師
①5月6日~10日 (由布市 高齢者施設へ) 1人派遣
②5月11日~14日      同上
③5月15日~19日      同上

新型コロナウイルス感染症の感染管理に関する研修会の動画を公開しました

感染症予防策 part1
>>資料(PDF)

感染症予防策 part2

PPE動画

新型コロナワクチン接種に関わる研修会について

これから本格的に新型コロナワクチン接種が拡充されるなかで、その活躍の担い手として潜在看護師へのニーズが高まっています。当協会は、安全に安心して接種業務にあたってもらうため、新型コロナウイルス感染症やワクチン、ワクチン接種の知識と技術を学ぶ研修会を開催しました。第1回5月21日(金)、第2回6月3日(木)、第3回6月4日(金)の開催で、56名の方が受講されました。
受講申し込みが多数のため、第4回、第5回が7月16日(金)に開催されることが決定しました。

新型コロナワクチン接種に関わる研修会を受講された方へ

今回、新規にワクチン接種に従事した看護職を対象に、就業準備金(3万円)が支給されます。要件は、7月末までにワクチン研修会を受講し、ナースセンターに登録し、就業された方になります。
今回、当協会で開催した研修会を受講され、登録された方に、「就業準備金給付申請書」を送ります。関係書類を送りますので、就業された方は申請されてください。

>> 新型コロナウイルス感染症ワクチン接種業務に係る就業準備金の申請について

寄付のお礼とご報告

新型コロナウイルス感染症対策における当協会への活動にご支援・ご協力いただき、協会員一同、心よりお礼申し上げます。いただいた寄付は、以下の通り看護・医療現場の支援に活用させていただいています。

2020年4月からの物品寄付および寄付金の使途

第一弾(2020年4月~9月)  配布:延160施設
防護服、マスク、消毒用アルコール等 感染症指定医療機関等covid-19患者受け入れ施設を中心に配布しました。

第二弾(2020年10月~2021年3月) 配布:延98施設
ハンドクリーム、防護服、マスク等covid-19患者受け入れ施設、宿泊療養看護師派遣施設を中心に配布しました。

第三弾(2021年4月~9月) 配布:延19施設
クールベスト(保冷剤付)、経口補水液os-1をcovid-19患者受け入れ施設を中心に配布しました。

第四弾(2021年10月~2022年1月) 配布:122施設
ニトリルグローブ、サージカルマスクを会員数に応じて、広く会員施設に配布しました。
※行政機関、教育機関、社会福祉施設等を除く会員2人以上の医療機関に配布

県への要望活動

9月10日(金) 宿泊療養施設の運営について

大戸会長は、大分県福祉保健部 山田雅文部長に新型コロナウイルス感染症第5波の取組に係る課題を踏まえ、①安定的な看護職確保体制の整備、②宿泊療養施設運営における看護マネジャー(仮称)の設置等要望しました。

9月24日(金) 感染管理認定看護師の育成について

大戸会長は、広瀬勝貞大分知事に感染症対策の充実強化に向け、感染管理認定看護師育成に係る研修受講経費及び代替職員確保のための予算措置(2022年度当初予算)を要望しました。

新型コロナウイルス関連情報(外部)一覧

>> 日本看護協会(新型コロナウイルス感染症関連情報)
>> 日本看護協会(中小規模病院・高齢者福祉施設向け【感染予防・管理のための活用ツール】)
>> 厚生労働省(新型コロナウイルス感染症について)
>> 大分県(新型コロナウイルスに関するお知らせ)

メニューを閉じる
メニューを閉じる