ページトップへ
097-574-7117
アクセス
メニュー

2020年度会員数 10,061名
(2020年9月末現在)

2020年度会員数 10,061名(2020年9月末現在)

看護職連携強化交流会

地域包括ケアシステムの推進において、病院・施設・行政など地域のあらゆる場で働く看護職が相互に連携し看護を提供していくことが求められています。
そこで、実践事例の報告をもとに、切れ目のない支援における各々の役割について意見交換をし、看護職間の連携の強化を図ります。

画像

2020年度看護職連携強化交流会

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から規模を縮小して開催するため、Zoomを使用して会場参加者とオンライン参加者が同時に参加する形で実施いたします。

テーマ 「コロナ禍における、看護職間の連携の推進」
~看護職連携強化に向けた看護職間の連携事例の共有~
日時 2020年12月5日(土)13:00~16:00
会場 大分県看護研修会館 大研修室及び第4研修室
対象者 看護職
定員 感染拡大防止対策のため、会場の参加人数に限りがあります。(先着申込順)
80名(会場参加者)
参加方法 会場参加またはZoomによる参加
(Zoom参加者には申し込み受付後、所属施設の看護管理者宛に必要事項等を連絡します)
参加費 無料
内容 13:00 開会
13:05 シンポジウム
    4人の看護職による報告と意見交換
14:30 特別講演
    「2040年を展望した地域づくりと看護の役割」
     講師 東京医療保健大学副学長 坂本すが 氏
        ※Zoom配信による講演
16:00 閉会
申込 専用の申込書に記入の上、11月27日(金)までにFAXでお申し込みください。
FAX 097-545-3751

>> 2020年度看護職連携強化交流会 専用申込書(エクセル)
その他 >> 開催要項(PDF)
お問合せ 大分県看護協会 事業部
TEL 097-574-7117
FAX 097-545-3751
メニューを閉じる
メニューを閉じる