ページトップへ
入会案内
097-574-7117
アクセス
メニュー

2024年度会員数 9,687名
(2024年6月末現在)

2024年度会員数 9,687名(2024年6月末現在)

「COVID-19未曾有の感染症に立ち向かった看護職~コロナ禍3年間の活動記録~」を掲載しました

大分県で新型コロナウイルス感染症が確認されたのは、2020年3月3日でした。

そして、2023年5月8日に感染症分類2類から5類に移行されましたが、この間、感染拡大の波が繰り返し押し寄せる中にあって、県内の看護職は、常にその最前線に立ち、県民の生命を守ってきました。

この冊子は、様々な看護の現場で看護職が新型コロナウイルス感染症と対峙した3年間の活動を記録したものです。医療機関をはじめ、保健所、教育機関、訪問看護ステーション、高齢者福祉施設等48施設57人の会員のみな様から寄稿していただきました。

貴重な経験が次につながるよう、是非、PDFファイルを自由にダウンロードしていただき、ご一読いただければ幸いです。

2023年7月
公益社団法人大分県看護協会長 大戸朋子

COVID-19未曾有の感染症に立ち向かった看護職~コロナ禍3年間の活動記録~

下記画像をクリックするどPDFファイルをダウンロードできます。

2023年7月7日大分県看護協会
メニューを閉じる
メニューを閉じる