ページトップへ
097-574-7117
アクセス
メニュー

2020年度会員数 10,061名
(2020年9月末現在)

2020年度会員数 10,061名(2020年9月末現在)

7月のげんき教室が開催されました

日 時  2020年7月22日(水)14:00~15:30

内 容  「これで今日からグッスリ眠れる睡眠の話」

講 師  松本悠輝 氏 (大分市民健康ネットワーク協議会 会長、松本内科循環器科クリニック 院長)

会 場  大分県看護研修会館 3階 大研修室

参加者  地域住民 19名  ボランティアナース 2名  協会職員 2名

その他  会館入り口での体温測定、健康チェック

 


講師|松本悠輝 先生

 

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年2月からお休みしていた「げんき教室」ですが、今回より再開いたしました。
しかし、入り口での体温測定、マスク着用、参加人数の制限(70名)等、皆様には、ご迷惑をおかけしたり、ご不便なこともいろいろあると思いますが、何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

大分県下では、7月22日現在、新たな感染者がなく経過しており、一応の落ち着きを見せています。再び、感染の第2波が来るかもしれませんが、感染防止策をとりながら、出来る時に、出来る方法で、みんなで学び、そして楽しみましょう!

 


3密(密閉・密集・密接)を避けて、教室再開!

 

健康の要素は、①栄養 ②運動 ③睡眠とされています。
「睡眠」は人生の1/3の時間を過ごしているにもかかわらず、あまり語られることがありません。でも、「睡眠」に悩む人は意外と多いようです。

睡眠の平均時間は、7時間22分。
50年前は、それより1時間長かったようですが、高齢化や、生活時間の24時間化、ストレスなどにより短くなっています。

特に、高齢者の睡眠は、寝床にいる時間は長いが、実際に眠れる時間は短いという特徴があります。
良い睡眠をとるには、交感神経と副交感神経のバランスを整え、体内時計を調整するようにします。

「今日からグッスリ眠れる不眠対策10か条!」や、リラックスするための簡単なストレッチを学びました。
また、薬物療法に関することや、「睡眠のためにアルコールを飲む」など一般に言われている睡眠への誤解についてもお話がありました。

2020年7月25日大分県看護協会
メニューを閉じる
メニューを閉じる