ページトップへ
097-574-7117
アクセス
メニュー

2020年度会員数 10,097名
(2020年10月末現在)

2020年度会員数 10,097名(2020年10月末現在)

1月のげんき教室が開催されました

 日 時  2020年1月22日(水)14:00~15:30

 内 容  認知症予防運動「コグニサイズ」にチャレンジ!

講 師  伊藤千奈美 氏 (一般社団法人 さかしい大分 代表理事)

会 場  大分県看護研修会館 3階 大研修室

 参加者  地域住民 117名  ボランティアナース 7名  協会職員 2名

その他  身長・体重測定、血圧測定、体脂肪測定、血管弾力チェック

     健康相談、訪問看護相談

 

 

genki_20200122_1
講師|伊藤千奈美 氏

 

 

令和2年初めてのげんき教室です。

当日は肌寒く雨模様の日にもかかわらず、とてもたくさんの参加者がありました。

 

はじめに、日本における認知症の現状や、認知症と加齢による現象の違い、運動をすることの意義などを学びました。

genki_20200122_2
まずは、みんなでお話を聞きます

 

皆さんは、「コグニサイズ」という言葉を知っていますか?

「コグニサイズ」とは、cognition(認知)+exercise(運動)を組み合わせた、認知症予防を目的とした取組みの総称を表す造語です。

運動で体の健康を促すと同時に、脳の活動を活発にする機会を増やし、認知症の発症を遅延させることが目的です。

 

体を動かすことと脳への影響を学んだあとは、・・さぁ!みんなで実際に動いてみましょう!

genki_20200122_3
コグニサイズにチャレンジ!

 

いくつかの課題に挑戦しましたが、上手くできても、出来なくてもいいのです。

上手くできた時の感激も大事。でも、上手くできなくて、あれこれと考え工夫することも同じくらい脳に良い影響を与えているのです。

運動を仲間と一緒にしたり、音楽と合わせながら楽しく行うとより効果的です。

また次回も、げんき教室でみんなと一緒に無理せず楽しく学びましょう!

genki_20200122_4
考えながら「1・2・3!」とリズムよく、綱渡り

2020年1月29日大分県看護協会
メニューを閉じる
メニューを閉じる