ページ名 大分 看護協会

6月のげんき教室が開催されました

口話 「笑って元気!!」

 日 時  平成29年6月28日(水)14:00~15:30

 講 師  矢野大和事務所 矢野大和 氏

会 場  大分県看護研修会館 3階 大研修室

 参加者  地域住民 90名  ボランティアナース 8名  協会職員 3名

その他  健康相談・健康チェック、血圧・体脂肪測定、血管年齢測定

 

 

genki_20170628_1

今回も、参加者の多い教室となりました。

講演の間、笑いが絶えない中にも、いろいろなことを考えさせられる要素が含まれていました。

 

「笑い」は想像力から生まれる。発する言葉を受け止め、頭で言葉を理解し、情景を頭に描き想像することで「笑い」が生まれる。そして、笑うことは健康に繋がっている。

人生において大事なことは、過去の分岐点に後悔しないこと。“あの時~していたら”と思わないこと。“あの時~したから今がある”と考えることができる思考が大事。人との会話でも“あんなこと言って”と思うのではなく、“そんな考えもあっていいよね”と言えることが大事

人と会話して「また、あなたに会いたい」と思ってもらえるような関係を作りたい。人との信頼関係を深めるには、「会話の量」がたくさんあること。夫婦の仲も同様。

“おもてなし“には、やはり笑顔。

途中、矢野大和氏の弟子の松本久美子氏もお話をされ、人の役に立つことが生きがいにつながると話された。

genki_20170628_3

「笑い」は想像力を働かせることによって起こり、「笑い」は健康につながる。

講演では、笑いの中に、人の生き方や、ものの考え方、人間関係に大事なことなど心も持ちように大切なことが沢山含まれていました。

 

2017年6月30日 大分県看護協会