ページ名 大分 看護協会

5月のげんき教室が開催されました

講話・実技 「お口の健康づくり」

 日 時  平成29年5月24日(水)14:00~15:30

 講 師  大分県歯科衛生士会 理事 麻生清子 氏

会 場  大分県看護研修会館 3階 大研修室

 参加者  地域住民 55名  ボランティアナース 8名  協会職員 4名

その他  健康相談・健康チェック、血圧・体脂肪測定、血管年齢測定

 

本日の内容

 口から食べることの大切さ

 「食べられない 飲み込めない」と、ならないために・・・
⇒お口のリハビリをしましょう

舌を元気に

お口の体操
*あ・い・う・べ体操     *うがい30秒体操
*唾液腺のマッサージ     *舌の筋肉をアップする方法
*頭挙げ体操と腹筋、胸筋訓練 *早口言葉

genki_20170524_1

2025年の高齢社会を前に、手足が動きにくくなったら、手足のリハビリを行うことは知られているが、「飲み込めない」「食べられなくなる」など、お口のリハビリについての認識はあまりないことを話されました。

食べることに使う筋肉が低下するとどのような弊害が起こるのか、そうならないためには、日頃どのようなことに気を付け、どのようなお口の体操をすればよいのか、ユーモアたっぷりに講話が進められました。

genki_20170524_3

参加者は、講師がこれまでケアしてきた施設入所者の口腔写真を画像で見ることにより、口腔ケアの大切さを更に実感していました。

genki_20170524_2

2017年5月26日 大分県看護協会